ScalaのREPLでコードの構文木を見る

scalaに-Xprint:<phase>オプションを渡すことでコードの構文木を見ることができる。 シンタックスシュガーの展開などをチェックするのに便利。 この状態で for式を入れると、デシュガーの結果がわかる。 gist.github.com -Xprintオプションに渡す出力フェーズは、"scala -Xshow…</phase>